自動車保険見直しを

自動車に乗る人にとって、自動車保険というのは欠かすことが出来ない「安全装置」です。まず誰もが運転する際に加入していなければならない保険として「自賠責保険」というものがあります。これは法定義務によって定められている保険で、基本的に「事故被害者を救済することを目的とした保険」となります。正式名称は「自動車賠償責任保険」となっていることからもその性質がわかります。つまり、これは事故を起こした、あるいは被害者になった自分について保護してくれる保険ではないということです。そのため、多くの人が自動車の運転においては「任意保険」という自分で加入する民間保険に加入しています。

こういった自動車任意保険については、「掛け捨て型」のものが一般的です。生命保険などの場合、一定期間保険を利用せずに満期を迎えた場合に保険料が帰ってくるシステムを採用していますが、自動車保険においてはこのようなシステムを採用していることはほぼありません。そのため、保険料は帰ってこないものとして計算をしなければならないわけです。この保険料が家計にとって大きな負担となっていることもあるでしょう。そのため、満期を迎えた際には「自動車保険見直し」というのが重要になります。

当サイトではそんな保険見直しについて、どのようなポイントを見ながら考えるべきなのかについて紹介します。「不足しない保険」「保険料を考える」「対象者の設定」の3つの観点から考えてみましょう。