対象者の設定

では最後に、任意保険を見直す際に知っておきたいポイントとして「対象者設定」について紹介します。自動車保険によってこの対象者の設定というのはかなり大きな違いがあります。運転者が誰なのか、あるいは運転している車がどれなのか、ということを制限している保険が多くあり、折角保険に加入していてもこの条件を満たしていない場合には保険の対象外となってしまうのです。

自分一人しか車を運転しない、特定の車しか運転しない、という場合には特段気をつける必要はありませんが、他の家族や友人などが車を運転する可能性がある場合にはしっかり対象者を設定しておくようにしましょう。また、対象者設定において重要なポイントとなるのが、盗難された場合です。自動車が盗難されて事故を起こした場合、運転していた人が保険の対象者となっていなかった場合には自動車の修理費用などが保険対象として利用できない可能性があります。

そのため、特定の車については運転者を問わず保険の対象とするような契約をしておくとより安心して利用することができるでしょう。また、対象者を特定するのではなく、年齢によって制限を行うような方法を取っている自動車保険もあるため、適宜利用を検討すると良いでしょう。